新宿区の婦人科クリニック 不妊症や早期流産にお悩みの方は慶愛大木クリニックまでご相談下さい。保険診療も取り扱っております

男女の不妊症、流産の悩みに先端医療と東洋医学でアプローチ

不妊症について

不妊症とは

一般に、夫婦生活(性行為)があるにも関わらず、2年間妊娠しない場合を不妊症といいます。日本では、1年で80%が、さらに2年間で90%のご夫婦が妊娠しています。つまり、赤ちゃんが欲しいのに恵まれないカップルは多く、10組に1組のカップルが不妊であるといわれています。

不妊症の原因

女性側の不妊の原因には、卵胞が育たない、排卵がうまくいかないなどの「排卵因子」、卵管が狭まったり塞がったりして機能しない「卵管因子」、子宮筋腫や先天異常などの問題があり着床できない「子宮因子」、子宮頸管炎や子宮頸管からの粘液分泌異常といった「頸管因子」、抗精子抗体などを産生する「免疫因子」などがあります。これに加え、検査をしても原因の分からない「原因不明不妊」が全体の3分の1を占めると言われています。原因不明不妊の割合は、夫婦の年齢が高くなると増えることが報告されています。

一方、男性側の不妊の原因としては、射精がうまくいかない「精機能障害」と、精子の数や運動率が悪くなっている「精液性状低下」とに大別されます。

かつて不妊は女性側に多くの原因があると思われてきましたが、WHO(世界保健機関)の不妊症原因調査では、男性のみに原因がある24%、女性のみに原因がある41%、男女ともに原因がある24%、原因不明が11%。つまり約半数の48%が男性側の原因による不妊であることが分かっています。

不妊治療はいつから始めるべき?

妊娠しやすさは、女性の年齢に大きく左右されます。妊娠・分娩に最も適した20歳代と考えられており、30歳を超えると妊娠する可能性は徐々に低下していきます。また、女性側に子宮内膜症や子宮筋腫、月経不順、月経痛などの症状がある場合は、不妊症の可能性も高くなります。

結婚年齢が高くなってきている現在、不妊の検査・治療はできるだけ早い時期に開始するのが望ましいと考えます。とはいえ、はじめから高度な治療を行えばよいかというと、そうではありません。妊娠が妨げられる原因をきちんと調べ、できるだけ自然に近い形で妊娠・出産が実現できるよう、患者さん一人ひとりのお体の状態に合わせて治療を進めていくことが大切であると考えます。

当院の不妊治療

当院では、通常の不妊治療に加え、患者さんの体を妊娠しやすい状態に整える目的で漢方療法および鍼灸療法を併用しています。特に高度生殖医療でなかなか結果のでない方にはお勧めしています。お気軽にご相談ください。

また、はじめて不妊治療をお考えの方も、お気軽にお越しください。初めてのことで分からないことや、ご不安も多いかと思いますが、どんなことでもご相談にのります。

慶愛大木クリニックは移転しました

慶愛大木クリニックは、さらなる診療内容の充実をはかり、患者様の健康をよりサポートできるよう、スタッフを増員し、診療内容を「御苑アンジェリカクリニック」へ移転いたしました。 御苑アンジェリカクリニック

  • 慶愛大木クリニックについて
  • 診療内容について
  • 院長の紹介

問診表

ブログ

診療時間

診療時間のタイムテーブル

慶愛大木クリニックまでのアクセス方法

アクセス地図

〒160-0004
新宿区四谷4-27-3 慶愛ビル1F
TEL/FAX 03-6380-5565
※MAPをクリックすると拡大表示します。

このページのTopへ