新宿区の婦人科クリニック 不妊症や早期流産にお悩みの方は慶愛大木クリニックまでご相談下さい。保険診療も取り扱っております

男女の不妊症、流産の悩みに先端医療と東洋医学でアプローチ

ブログ

2015/01/16インフルエンザの流行

きょう国立感染症研究所から「インフルエンザが全国的に増え、警報レベルに達した」との発表がありました。流行のピークは今月下旬から来月初めになりそうです。直近の4週間で検出されたのは、ほとんどがA香港型という、高齢者がかかると重症化しやすいウイルスだそうです。

http://www.asahi.com/articles/ASH1J366PH1JULBJ001.html

 

皆さま気をつけましょう!

 

でも、もし次のような症状がでたら速やかに医療機関を受診してください。

 
  • ・急激に38度以上の熱がでた
  •  
  • ・頭痛や関節痛がある
  •  
  • ・腹痛や下痢などの胃腸症状
  •  
  • ・呼吸困難
  •  
  • ・咳や痰など
 

当院でもインフルエンザの診察が可能です。

2015/01/08新年のごあいさつ

新年あけましておめでとうございます。

皆さまはどんなお正月を過ごされましたでしょうか。
当院のスタッフは、実家へ帰省、台湾旅行、家でごろ寝等々、思い思いの時間を過ごし、リフレッシュしてまいりました。

クリニックは7日から新年の診察を開始しました。
皆さまに最適の医療を提供できるよう、今年もスタッフ一同力を合わせて頑張っていきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

写真は台湾のランタン飛ばし。
スタッフが一年の幸運を祈って飛ばしてきました。
皆さまにたくさんの良いことがありますように!

2014/10/08グリーンハンド

3月の開院時、お祝いに胡蝶蘭の鉢をいくつかいただきました。
大ぶりの花がたくさん付いており、ひと月以上も長持ちして私たちの目を楽しませてくれたものです。

花がすっかり落ちてしまった後、スタッフが鉢を片付けようとすると、院長が「ちょっと待って」とストップをかけました。
花は落ちたものの、鉢にはまだ緑の葉っぱが青々しています。
捨ててしまうのは忍びないと、院長は鉢を日当りのいい場所に運び、そのまま育てることにしました。

それから約半年。

今朝、胡蝶蘭が再び花かわいいを咲かせました。
小さなつぼみもたくさん付いています。

そう、院長は花を咲かせたり植物を育てたりするのが上手な、いわゆるグリーンハンド。
自宅でもバラや蘭などいろいろな植物を育てているそうです。

残りのつぼみも、これから順繰りに咲いていくでしょう。
ちょっと楽しみです。

2014/10/02健康生活フェア2014 in 横浜

9月20、21日にパシフィコ行われた「健康生活フェア2014 in 横浜(http://healthylifefair.net/2014_yokohama)」に出展しました。

8月に参加した「癒しフェア2014」に比べるとやや規模が小さく、来場者数も癒しフェアほどではない印象でしたが、その分ほのぼのとして癒し系な雰囲気が○。

当日は統合医療系クリニックをはじめ、カウンセリングや気功のスクール、整体、かっさセラピー、ハーブや精油のショップ、手相占い、出版社、健康食品ほか、面白そうなブースがたくさん出展されていて、私たちもあちこち体験して回りました。

中でも嬉しかったのは、自然派のカレー屋さん「ナタラジ(www.nataraj.co.jp)」のブースが出ていたこと。大豆ミートの超おいしいナンサンドがあり、2日間で3回も食べてしまいました。

さて私たちのブースは、当院の看護師によるヒーリング・リーディングと、鍼灸師によるお灸の体験を行いました。
妊活中の方や婚活中の方、ヒーリングやお灸に興味を持った方など、さまざまな方が立ち寄ってくださり、いろいろなお話ができて面白かったです。ヒーリングやお灸の魅力もしっかり伝えることができたと思います。

皆様どうもありがとうございました!

2014/09/10薬膳スープは台湾人の元気の秘訣?

「台北101ビル」の展望台に上った帰り、地下のフードコートに立ち寄りました。

お昼時だったこともあり、かなりの混雑ぶり。
でも、なんとか座席を見つけ、お店を回ってみました。

台湾家庭料理(牡蠣のオムレツは絶品)や、お一人様用の鉄板焼き、牛肉麺、日本のしゃぶしゃぶやお寿司、韓国料理、インド料理系etc…一人でも気軽に食事できるお店がたくさんあります。
手軽に台湾の味を楽しみたいけれど、屋台のお店はちょっと…という人にもおすすめ。

そして、ここでも薬膳スープのお店を発見。

「郭老師養生料理(http://www.kuohealth.com.tw/)」です。

体力・気力を補い、冷えや貧血、疲労を改善する漢方薬「十全大補湯」を鶏肉と一緒にスープにした「十全大補鶏」や、産後の疲労回復や月経不順、冷え性、皮膚のかさつきなどに使われる漢方薬「四物湯」と鶏肉を煮込んだ「四物鶏」ほか、さまざまなスープが揃っています。

お肉を使っていない「素食(菜食)」バージョンもあるので、ベジタリアンの方もOK!

「素十全大補」「麻油腰花」「四神猪肚」の3種類を注文しました。

「素十全大補」(写真左)は肉の入らない菜食バージョン。
野菜と、練り物っぽいお団子が浮いています。
食べてみると、生薬の風味はしっかりあるけれど苦みはなく、普通においしいさっぱり目の汁物です。
付け合わせに注文した、そうめんと茹で野菜には何やら美味しいたれがかかっていて食がすすみます。

「麻油腰花」(写真中央)の「腰花」とは豚や羊の腎臓のこと。
豚の腎臓とさまざまな生薬をごま油煮たもので、台湾では人気メニューだそう。
こちらはこくがあってクリーミー。腰花はコリコリと食べごたえがあります。

「四神猪肚」(写真右)はさっぱり系の白いスープ。
「猪肚」は豚の胃袋のことだそうで、四神といわれるケン実(けんじつ)、茯苓(ぶくりょう)、蓮の実、山芋と一緒に煮込んだものです。
これらの生薬には、腸を整え、腎を補う(アンチエイジング)働きがあり、院長夫人曰く「どの体質の人が食べてもいい」そうです。
また、生薬くささがまったくないので薬膳がはじめての方にもおすすめ。

郭老師養生料理は人気店なのか、若い女性が大勢並んでいたのが印象的でした。

日本では薬膳というと少々マニアックなイメージですが、台湾では誰でも当たり前に食べている様子。
薬膳スープは彼らの元気の秘訣なのかもしれませんね。

2014/09/05お肌ぷるぷる!薬膳スープ

今回おじゃました薬膳スープの店「運鈍根湯 陽明山店」http://www.udd.com.tw/tw/は、台北 市内から車で約30分ほどの、陽明山の麓にあります。

陽明山は、緑豊かな国立公園で、台北市民の憩いの場。火山を有し、温泉も湧いているので麓のあたりには高級別荘地が散在しています。夜景のきれいなデートスポットとしても人気だそう。

緑の中にひっそりとたたずむ「運鈍根湯 陽明山店」。外観・内装ともにおしゃれです。

さて、1984年にオープンしたというこのお店、なんとメニューはたった1種類。

お店の名前にもなっている「運鈍根湯」という薬膳スープのみなのです。

50種類の薬草と烏骨鶏(うこっけい)を薬酒でじっくりと煮込んだもので、浄血(血をきれいにする)・造血(血を増やす)、デトックス、体力増強のほか、更年期障害や不妊などにも効果があるそうです。

さっそく注文すると、大きな鉢で湯気をたてる運鈍根湯が運ばれてきました。

香りはまさに漢方薬そのもの、黒々としたスープはいかにも効きそうです。付け合わせに茹で野菜と素麺が供されます。

熱々のスープをおそるおそる口に運んでみると、まずは漢方の香りと苦みが広がります。次に濃厚なチキンスープと、薬酒の味が少々。

正直、「すごくおいしい!」という感じではありません。

でも、説明書きに「まずお椀に3杯飲むと効果的」とあるので、どんどんレンゲを口に運ぶ一同。

次第に手足がポカポカしてきます。

スープの具の烏骨鶏は、にんにくの効いた付けダレでいただきます。こちらは濃厚でなかなか美味。
付け合わせのそうめんはスープに浸して。
始めは「苦!」と思ったスープ自体も、食べ進むうちに、なんとなく美味しく思えてくるから不思議です。

そして、翌日。

「肌の調子がいい!」
朝ロビーで会ったメンバーは口々にそう言います。
「やっぱりあれが効いたのかな?」「それしか考えられないでしょう」と、妙にぷるんとした顔を見合わせる私たち。薬膳スープ恐るべしです。

2014/09/03台湾へ漢方研修の巻

夏休みを利用して、クリニックスタッフで台北に漢方研修に行ってきました。

今回の研修テーマは「薬膳」。

当院の院長夫人は台湾出身で、薬膳料理の本を出版するほどの薬膳名人。生薬にも精通しています。

そんな院長夫人の案内で、おいしい台湾を満喫してきました。

台湾画像1

台湾の人々は日頃から「医食同源」を重視しているといいます。

食事には病気を治す薬と同じような働きがあると考え、
体の不調に対してはまず食事で改善を試み、改善できなかったら薬を使う。

そんな考え方が根付いているため、日々の食卓に自然と薬膳が取り入れられているそう。

院長夫人曰く「台湾人は体調に応じて何を食べれば良いか分かっている」。

体を温める食材や冷やす食材、また季節に応じて摂った方がいい食材などを、
子どものころから毎日の食事の中で自然と覚えていくのだそうです。

うらやましい!


* * *

東門市場にある漢方薬局に立寄りました。

外観は、薬局というよりも乾物屋さんといった風情。

袋詰めの生薬がナッツやお茶などとともに売られています。

価格もわりとお手頃なので、乾物感覚でいろいろ買い込んできました。

院長夫人に教わったレシピで、薬膳スープを作ってみようと思います。

台湾画像2

「陳福安薬房」
どことなく乾物屋さんぽい店先。
気軽に立ち寄れる雰囲気です。

台湾画像2

茯苓、桂花、人参、蓮の実、?実(けんじつ)、なつめ、龍眼、当帰などなど。

さて、台湾では薬膳料理のレストランも人気です。

日本でもおなじみの「火鍋」のほか、一人でも気軽に食べられる「薬膳スープ」を提供するお店も。

そんな薬膳スープのお店の一つ「運鈍根湯(http://www.udd.com.tw/tw/)」に行ってきました。

次回はそのリポートをお届けします!

2014/08/11癒しフェア2014 in 東京
2014年 8月2日(土)?8月3日(日)に東京ビッグサイトにて開催された
「癒しフェア2014 in 東京」http://www.a-advice.com/tokyo_2014/ に出展させていただきました。

女性医師による無料健康相談や、看護師によるヒーリング、

無料健康相談

クリニックのご紹介をさせていただきながら、みなさまの「もっと気軽に相談できるような医療機関があったらいいなと常々おもう」というお声をたくさんいただきました。

無料健康相談2

今回の貴重な経験を生かしまして、今後とも、スタッフ一同、「気軽に、自分丸ごとを相談しにいける、アットホームなクリニック」を目指して努力してまいります。
2014/08/11ブログはじめます
みなさま、はじめまして。
慶愛大木クリニック スタッフブログにようこそ・・!
新宿御苑前駅から徒歩3分。
漢方、鍼灸などの東洋医学を取り入れながら、
自然のちからをかりて
内から外から元気になれる、そんなクリニックです。
よろしくおねがいいたします。

慶愛大木クリニックは移転しました

慶愛大木クリニックは、さらなる診療内容の充実をはかり、患者様の健康をよりサポートできるよう、スタッフを増員し、診療内容を「御苑アンジェリカクリニック」へ移転いたしました。 御苑アンジェリカクリニック

  • 慶愛大木クリニックについて
  • 診療内容について
  • 院長の紹介

問診表

ブログ

診療時間

診療時間のタイムテーブル

慶愛大木クリニックまでのアクセス方法

アクセス地図

〒160-0004
新宿区四谷4-27-3 慶愛ビル1F
TEL/FAX 03-6380-5565
※MAPをクリックすると拡大表示します。

このページのTopへ