新宿区の婦人科クリニック 不妊症や早期流産にお悩みの方は慶愛大木クリニックまでご相談下さい。保険診療も取り扱っております

男女の不妊症、流産の悩みに先端医療と東洋医学でアプローチ

鍼灸治療について  予約制・1回5,000円(税別)

当院では、不妊でお悩みの方に女性鍼灸師による鍼灸治療を提供しています。婦人科にはこのツボという単純な治療ではなく、脈診をはじめ、望診、問診などを通じて、その方がどのタイプかを見極めた上、気血水の流れも考慮して治療を行ないます。鍼灸治療によって、人間誰もが生まれ持っている自然治癒力(自分で自分を治す力)を高め、その働きを活発化させるよう働きかけます。細い鍼を使用しますので、痛みはほとんどありません。ご希望の方には、自宅での施灸のご指導もいたします。

また、不妊治療以外の方の治療も承ります。お気軽にご相談ください。

体本来のバランスを取り戻す

東洋医学では、病気とは単に患部が悪いというだけでなく、身体全体の調和が崩れたときにその人の一番弱っている部分に症状となって現れるものと考えます。ですから当院の鍼灸治療では、患部を治療するだけでなく、体全体のバランスを整えることも重視します。

タイプ 出やすい症状 精神面
精力の低下、冷え、疲労感、浮腫み、頻尿 怯えやすい、びくびくしやすい
眼精疲労、筋肉痛、血流障害、生理不順 イライラしやすい、決断力不足
風邪症状が出やすい、皮膚の荒れ、浮腫み 悲観的に考えやすい
下痢、食欲不振、倦怠感、消化吸収の異常 くよくよしやすい

例えば、腎虚タイプは精力が弱く腹部に弾力がない、内膜が厚くならない、卵胞が育ちにくいなどの症状が起こりやすい。また、肝のタイプでは腹部が固い、精神的にイライラしやすい、生理量が減り、お腹に淤血(※1)という血の停滞が起こりやすいとされています。

さらに、身体の中には気血水の流れがあると考えます。それぞれに流れが停滞したり、不足すると生理不順、生理前後の痛み、浮腫み、冷えなどの症状がでます。

気・血・水の状態 出やすい症状
気の不足 意欲の低下、風邪をひきやすい、疲れやすい
血の停滞 淤血、生理痛、不妊症、痛み、かゆみ
血の不足 無月経、脱毛、手足の冷え
水の停滞 水分代謝の滞り、浮腫み、鼻水、タンが出やすい

※1 淤血とは… 腹部の血行が悪いために起こる血流の停滞した状態。月経血の中の固まり、月経血の出きらないもの、無月経の原因ともなる。腹部が硬くなり生理痛の原因、妊娠のさまたげとなります。肝の働きと関係が深いので肝の働きを助ける治療をすると改善されます。

鍼灸による不妊治療のポイント

健康の基本は「食事、睡眠、排便」です。おいしく食事がとれる、すっきり排便がある、ぐっすり眠ることができる。この3拍子が揃うことが身体づくりの基本となります。さらに、疲れやすい、イライラしやすい、肩こり・腰痛といった身体の不快な症状や精神面の負担を減らしていくことが、ホルモンバランスのよい身体づくりにつながります。

また、冷えが女性の体に大きな影響を与えることはよく知られることです。
下の表は旧・慶愛大木クリニックで鍼灸を受けたことのある患者さんに問診した結果です。

20歳代から40歳代不妊症患者65人への問診結果
寒がりで足腰が冷える 47人 78%
肩が凝りやすい 46人 77%
クーラーにあたるのがいやだ 36人 60%
生理が不規則である 33人 55%
疲れやすく持続力がない 29人 45%
朝起きにくく寝坊しやすい 26人 38%
腹がはってガスが出やすい 26人 38%
低血圧で立ちくらみしやすい 24人 37%
生理の量が少ない 24人 24人
10 便秘がちである 20人 33%

実に全体の8割近くが冷えに悩んでいるという結果でした。この10項目のうち9を除く全てに該当した38歳の患者さんは不妊治療歴8年でした。鍼灸治療を続け、半年後に同じ問診をしたところ、大きく変わったのは4の生理不順がなくなったことです。他は「今も冷えるが、以前より楽になっている。症状はあるが、程度が変わった」という結果でした。

身体が楽になるのに合わせて、少しずつ卵胞や内膜の質が改善されていきました。身体のバランスがとれることによってホルモンのバランスも改善されました。その後妊娠に至り、経過も順調で、無事出産にこぎつけました。

鍼灸をしても症状が劇的に変わるものではありませんが、一定期間続けることで徐々に身体のレベルが上がっていきます。冷え症が改善されて基礎体温が上がる、免疫力が上がる、睡眠の質が良くなる、排便の調子が良くなる等、全体の底力が上がってくると次第に婦人科の機能もアップします。そして結果的には生理痛がなくなった、風邪をひかなくなった等、その人本来の力が発揮できる身体となります。やっと妊娠できる体づくりができたといえます。

不妊治療の3つのポイント

  • 1.身体のバランスを整えること(五臓のバランスを整える)
  • 2.生理がない、遅い、少ないなどの症状を普通に戻す(気血水のバランスを整える)
  • 3.暖かくて柔らかい妊娠しやすいお腹を作る(便秘、冷え、淤血を改善する)

よく使用するツボ、経絡の紹介

三陰交
生理を整える。量が少ない人に向いている。
血 海
生理を整える。腹部が硬く、淤血タイプの人に向いている。
関 元
疲れやすく、基本的な体力の弱い人に向いている。
腎 兪
生殖器系とかかわりの深い腎の働きを強くする。
太 衝
イライラしやすいなど、肝の働きの悪い人に向いている。

慶愛大木クリニックは移転しました

慶愛大木クリニックは、さらなる診療内容の充実をはかり、患者様の健康をよりサポートできるよう、スタッフを増員し、診療内容を「御苑アンジェリカクリニック」へ移転いたしました。 御苑アンジェリカクリニック

  • 慶愛大木クリニックについて
  • 診療内容について
  • 院長の紹介

問診表

ブログ

診療時間

診療時間のタイムテーブル

慶愛大木クリニックまでのアクセス方法

アクセス地図

〒160-0004
新宿区四谷4-27-3 慶愛ビル1F
TEL/FAX 03-6380-5565
※MAPをクリックすると拡大表示します。

このページのTopへ